おばあちゃん家で女子校生が、中1と小5のいとこと布団でギシアン【JK、キス】

私には親戚の優君、圭君という従兄弟がいる。

 

高校1年の時のGWに久しぶりに祖母の家に行った時の話。

 

私、優、圭君達の子供だけで4泊5日で泊まりに行きました。

 

私の事が大好きと言ってくれる2人。

 

当時優君が中1、圭君が小5で身長も低めの可愛い子達。

 

久しぶりに会うと二人共、

 

「ゆいちゃん一緒に遊ぼう!」

 

と言ってくれ、かくれんぼしたりゲームをしたりと色々な事をして、本当の姉弟の様に遊んでました。

 

1泊目の夜、夕食を終えて2人と一緒にお風呂に入ります。

 

私が体を洗っていると

 

優君「ゆいちゃんておっぱい大きいね」

 

圭君「本当に大きいね」

 

当時の私はDカップで、2人にはかなり自慢してました。

 

すると突然圭君が両手で私のおっぱいを鷲掴み!

 

ビックリした私は圭君を引き剥がして思い切り頬を叩いてしまいました。

 

もちろん圭君は大泣き…。

 

やってしまったと思った私はごめんごめんと謝って圭君を抱き締めて泣き止んでもらいました…(・・;)

 

私「でも駄目だよ?突然あんな事したら誰だってビックリするでしょ?分かった?」

 

圭君「うん…」

 

私「うん、いい子だね」

 

圭君「ゆいちゃん、触っていい?」

 

そうきたか〜(^^;

 

私「少しだけだよ…」

 

私は浴槽の縁に座って圭君を前に立たせて

 

「いいよ」

 

そう言って少し小さめの手で私のおっぱいを揉んでくる圭君。

 

圭君「プニプニ〜」

 

優君「あ〜圭ズルい…ゆいちゃん!俺も触りたいよ!」

 

私「分かったよ…触っていいから…」

 

既に数回セックスを経験してる私、おっぱいを揉まれてる事に抵抗はなかったかも…。

 

ただ2人同時には経験がなくて、力加減が違う2人の手つきに少し感じ始めてました。

 

私「ん……うん…」

 

少し声が出てしまった。

 

優君「ゆいちゃん感じてる」

 

私「まだ触るの?もうそろそろ…」

 

優君「ねえ…舐めてみていい?」

 

私「……ちょっとだけだよ」

 

優君は私のおっぱい(乳首)をぺろぺろと舐め始めてチュッチュッと乳首に吸い付いてくる。

 

それを見た圭君も反対の乳首に吸い付いてきて、なんとも言えない快感が襲ってきた私は流石にこれ以上は無理だと思い、2人に謝って浴室を飛び出していきました。

 

就寝時間になって2階の寝室に行き、優君は1階で祖母の寝室、圭君と私の2人が同じ部屋で寝ることになりました。

 

すると、圭君が一緒の布団に入ってきて

 

圭君「ゆいちゃんと一緒」

 

私「もう…甘えん坊」

 

そんな会話をして眠りにつこうとすると、圭君がパジャマ越しに触れてきて

 

圭君「………」

 

行動に反して無言だった。

 

圭君の視線に射抜かれた私は、いいよと言ってパジャマを脱いで圭君を谷間に誘ってあげた。

 

圭君「おっぱい舐めていい?」

 

私「いいよ…圭君」

 

圭君は早速おっぱいを舐め、乳首にちゅーっと吸い付いてくる。

 

それから圭君は寝るまで舐め続けてたと思う。

 

 

気が付いたら朝方でいつの間にか私も寝ていたみたい。

 

■2日目の朝

 

朝食を済ませてから、2人と一緒に近所の公園に行って昼まで遊び、昼からは祖母を連れてショッピングモールで買い物と昼食を済ませて帰宅。

 

夕方から夕食の準備を手伝って夕食を食べ終えた後、

 

優君「ゆいちゃんまたお風呂入ろう」

 

圭君「入ろー」

 

私「はいはい、分かったから先入る。私も後で行くから…」

 

祖母と洗い物をしてから2人が待つ浴室に向かう。

 

圭君「ゆいちゃん来たー」

 

浴室に入ると2人の視線は私のおっぱいに向けられてる。

 

それから昨日と同じ様に2人が私のおっぱいをぺろぺろ舐め回し、チュパチュパと吸い付いてた。

 

昨日とは違って私のおっぱいに夢中な2人が可愛らしく思えた。

 

私「もっと舐めさせてあげる」

 

私が脱衣所から持ってきたのは練乳。

 

先ずは圭君に膝枕をしてあげ、自分の乳首に練乳をたっぷり塗り付けると

 

私「圭君…おっぱいでちゅよー」

 

圭君は赤ちゃんみたいにチューチューと乳首に吸い付いて嬉しそうにしてました。

 

それを見て我慢出来なくなったのか

 

優君「俺も〜!」

 

私「優君もどうぞ〜」

 

反対に塗り付けた練乳まみれの乳首に飛び付くようにピチャッと吸い付いて、後はもうべろべろと舐め回す優君。

 

私「圭君美味しいでちゅか〜?」

 

圭君「美味しい〜」

 

私「優君は?」

 

優君「もっと舐めたい!」

 

私「いいよ…いっぱい舐めて」

 

2人が私のおっぱいを吸う音と、私の喘ぎだけが響く浴室。

 

1時間近くはそうしてました。

 

その夜…圭君は勿論、優君も一緒に2階の寝室に入り、

 

私「優君達は私の事好き?」

 

優君「大好き!」

 

圭君「大好きー!」

 

私「じゃあ、私ともっとエッチな事凄く気持ちいい事しよ…」

 

3人とも全裸になり私が布団に横になって。

 

私「2人の好きなようにしていいよ」

 

そう言うと、2人でおっぱいを揉みながら圭君が乳首に吸い付いてくる。

 

私「圭君…おっぱい好きだね」

 

圭君「ゆいちゃんのおっぱい美味しい…」

 

優君には私がリードしてとディープキスをしてあげる。

 

次第に興奮したように息を荒くする優君。

 

私「優君はアソコ見たことある?」

 

優君「ない」

 

私「じゃあ、ここ見てみて…」

 

優君は私のアソコをマジマジと見る。

 

私「ここが私の○○○だよ…ここを舐められると気持ちいいの…優君…さっきみたいに舐めて?」

 

優君は私の○○○をぺろぺろと舐めてくる。

 

私「あっ…ん…いいよ…もっと舐めて…」

 

まるでリミッターでも外れたように脚を持ち上げて、ベロベロピチャピチャと私の○○○を舐めまくる優君。

 

ビリビリした快感に、次第に喘ぎ声が大きくなる私。

 

それから何十分も舐められ続けて、

 

私「優君…私の中に入れて?」

 

優君は破裂寸前のチンチンを私の○○○にあてがって、中にゆっくり入ってくる。

 

優君「なんか…ヤバイよ…!」

 

無意識なのか、腰を一心不乱に動かし私を突く優君。

 

それから数分して

 

優君「出ちゃう…ゆいちゃん…!」

 

私「出して…中に出して…!」

 

私の中に凄い勢いで射精した優君はぐったりして横になる。

 

私「圭君は私がしてあげるね…」

 

圭君を横にして跨ぎ、硬くなったチンチンを私の中に入れてあげる。

 

圭君「あ…痛い…」

 

私「痛いのは直ぐ無くなるから…直ぐ気持ちよくしてあげるよ…」

 

私が腰を振ると、圭君は可愛い声で私の名前を呼んでくる。

 

圭君「ゆいちゃん…ゆいちゃん…」

 

そう言いながら私のおっぱいを揉んでくる圭君に、またおっぱいを舐めさせてあげる。

 

チュッチュッと吸いながら絶頂に達した圭君も私の中に沢山の精液を注いでくる。

 

その後もう一回優君とセックスして中出しさせてあげた。

 

■3日目

 

優君、圭君は昨晩の私とのセックス以来、完全に私の体に夢中になってしまった様子。

 

それが余計に可愛らしく見えて、私は2人の求める事は何でもしてあげました。

 

朝起きると圭君が私のおっぱいを舐めたいと言ってきたので、昨日浴室でしてあげた様に膝枕をしておっぱいに練乳を塗り付けて

 

私「いいよ…ほら」

 

圭君「うん」

 

私のおっぱいをぺろぺろ舐めて、乳首をチューチューと吸いながら、

 

圭君「ゆいちゃんのおっぱい…甘い…」

 

まぁ、練乳だしね(^^;

 

そこに起きてきた優君も、

 

「俺も〜」

 

と、もう片方に吸い付いてきて、暫くはそのままでした。

 

何事も無かったように祖母と朝食を済ませてから、今晩のおかず等の買い物に行き、昼前に帰宅して昼食も済ませると、祖母は

 

「私有の畑に行ってくる」

 

と言って、私達に留守番を頼んで行きました。

 

玄関の鍵を掛け、私達は2階の寝室に戻って服を脱ぎ捨てて…。

 

優君「ゆいちゃんエッチしよ」

 

圭君「僕も〜」

 

私「いいよおいで〜」

 

2人を抱き締めると布団へ。

 

優君と圭君と交互にキスをして同時におっぱいに吸い付いてくる。

 

ぺろぺろと舐め回してくるからおっぱいは唾液だらけ。

 

更に2人は身体中を舐め回し、私を感じさせてくる。

 

優君「ゆいちゃんのアソコ…いっぱい舐めてあげる…」

 

私の○○○を広げてベロベロジュルジュルとイヤらしい音を立てて激しく舐めてくる優君。

 

私はビクビクと体を跳ね上げて身を捩って喘いでしまった。

 

私「あん…!優君!」

 

優君「ゆいちゃん可愛い!圭…こっち舐めてみな!」

 

圭君「うん」

 

圭君は舌先でチロチロと舐め始めてチュッチュッと吸い付く、激しかった優君と違って時々くすぐったさもあったけど、それが余計に快感だった。

 

圭君「ゆいちゃん、気持ちいいの?」

 

私「うん、気持ちいいよ…優君…こっちおいで?」

 

私の目の前に座らせて優君の硬くなったチンチンを口に含み舐め回してあげた。

 

 

優君はビクビクと体を震わせて気持ち良さそうに声が出てる。

 

優君「ゆいちゃん…凄い…」

 

圭君は私の○○○を広げて飴を舐める様にぺろぺろしてくる。

 

私も感じながら、優君のチンチンを舐める。

 

私「優君…遠慮しないで出してね…」

 

優君「ゆいちゃん出る!」

 

そうして私の口の中に射精。

 

私「圭君もしてあげるよ…おいで?」

 

同じ様に圭君のチンチンを舐める。

 

出し終えた優君は再び私の○○○を広げてジュルジュル!と凄い音を立てて舐め回す。

 

ビクビクと体を跳ねさせる私に

 

優君「ゆいちゃんのアソコも美味しい」

 

圭君「ゆいちゃん…出るよ…」

 

私「いいよ…出して…」

 

圭君も私の口の中に射精。

 

私「優君…そろそろしよ?」

 

優君「うん、したい!」

 

硬くなったチンチンを私の中に入れて、激しく突いてくる優君。

 

圭君は私にキスをして両手でおっぱいを揉んでくる。

 

私「あん……ん…っ…んん…!」

 

もう私の喘ぎ声と突かれてる音だけが寝室に響いてる。

 

優君「ゆいちゃん!出るよ!」

 

ビクビクと体を震わせて私の中に精液を放出する優君直ぐに四つん這いなって今度はバックでされて中出し。

 

圭君には騎乗位で交わって一回正常位で一回。

 

更に帰ってきた祖母と夕食を終えて、お風呂で一回ずつ…、寝る前に一回ずつと、計8回優君達とセックスした。

 

■4日目

 

朝目が覚めると、優君達が私のパジャマのボタンを全部外しておっぱいを揉んで、チューチューと乳首に吸い付いてた。

 

すっかり私のおっぱいが気に入った2人は、私の事を大好きと何度も言ってくれる。

 

そんな2人を私も好きになってしまったみたい。

 

優君「ゆいちゃん…おっぱい気持ちいい?」

 

私「うん、気持ちいい…」

 

そう言って2人の頭を優しく撫でてあげる。

 

圭君「いっぱい舐めていい?」

 

私「いいよ…いっぱい舐めて…」

 

それに応えて乳首をチュパチュパと舐めて、私を感じさせてくる。

 

優君が私のパンツの中に手を入れて、○○○をなぞる様に弄ってきた。

 

私「あっ……ん…」

 

優君「ゆいちゃん濡れてる」

 

私「それはそうだよ…」

 

優君「脱がせるよ?」

 

パジャマとパンツをずり下ろされて、私の脚を広げて○○○に吸い付いて、ベロベロと激しく舐め回してくる。

 

私「優君…それ好きだね…?」

 

優君「ゆいちゃん気持ちいいみたいだから…」

 

今までと合わせてもう何時間、おっぱいとアソコを舐め回されているかわからないです。

 

圭君「ゆいちゃん…これ舐めて…?」

 

私の前に大きくなったチンチンを出す圭君。

 

私「いいよ…してあげる」

 

圭君のチンチンを舐めて、口に含んでチュッチュッと吸い、快感を与えてあげる。

 

優君はそんな私を見て我慢出来なくなったのか、私の中に勃起したチンチン入れてきて、パンパンと激しく突いてくる。

 

突かれてる快感と圭君のをしてあげてる私は、興奮してしまって完全に乱れてました。

 

優君「気持ちいいよお…!中に出していい!?」

 

私「いいよ、出して良いから…!」

 

限界に来てしまった優君は私の中へ精液を放出して直ぐ後に圭君が口の中に射精した。

 

それから少し遅い朝食を食べて、祖母に付いて畑の手伝いに行く私。

 

優君、圭君は近くの河原で遊んでました。

 

手伝いが終わり、昼食を取って4人揃って帰宅。

 

祖母は外で野菜を洗ったりしてました。

 

手伝いで汗をかいた私はシャワーを浴びていると浴室のドアが微かに開いて2人の覗く姿が。

 

目的はもう理解していたので、シーっと人差し指を立てて、おいでと手招き。

 

服を脱ぎ捨て入ってきた圭君が真っ先に私のおっぱいに飛び付いてきて、

 

圭君「ゆいちゃん!」

 

優君は後からモジモジとチンチンを押さえながら入ってきて

 

私「大きくなっちゃったの?じゃあ私がしてあげる」

 

大きくなった優君のチンチンを口に含んでぺろぺろっと舐めてあげる。

 

私「我慢しないで出してね…」

 

ピクピクと体か震える優君が可愛くてチンチンを強く責めてあげる。

 

圭君は後ろから私のおっぱいを揉みながら背中にチンチンを擦り付けてくる。

 

口の中に射精した優君は後ろから圭君が揉んでる私のおっぱいを吸い、手でわたしのアソコに指を入れて責めてくる。

 

私は圭君のチンチンを擦りながら圭君とディープキスをする。

 

完全に3人の世界に浸ってしまった。

 

優君「ゆいちゃん…ここ舐めたい…」

 

私「うん…」

 

私が脚を広げると優君ががっついた様に○○○をぺちゃぺちゃと堪能するみたいに舐めてくる。

 

舐める優君の頭撫でて、

 

私「いいよ…もっとして…優君…好き…」

 

圭君のチンチンも限界を迎えて私の手の中で激しく射精する。

 

私「いっぱい出た…」

 

圭君「僕も舐めていい…?」

 

私「いいよ…圭君もして…」

 

優君の隣に移動して、一緒に私の○○○を舐め始める。

 

ピチャッ!ペチャッ!ジュルジュルッ!!とイヤらしい音が響く浴室で凄い快感に襲われて大声で喘いでイッてしまった。

 

シャワーだったのであまり長い時間入ると祖母が来てしまうと思い、2人を説得、夜にする約束をして終えました。

 

夕食を食べ終え、少し2人と遊んだ後は2階の寝室へ。

 

パンツ1枚の姿で、2人と交互にキスをして、

 

優君「ゆいちゃん大好き…!」

 

圭君「ゆいちゃん…大好きー!」

 

私「私も大好きだよ!」

 

3人で抱き合い、また交互にキスをして、圭君が私のおっぱいに吸い付いて、乳首をチューチューベロベロと舐めてくる。

 

優君も同じ様に舐めながら、手で私のアソコをパンツ越しになぞる。

 

浴室での熱が冷めずにいた私は、パンツを脱ぎ捨てて、

 

私「圭君…中に入れて?」

 

圭君「うん」

 

直ぐに私のアソコに割り込んで大きくなったチンチンを私の中へ入れ、快感を欲しがるみたいに私の中を突いてきた。

 

側にいた優君のチンチンを手で擦り刺激してあげる。

 

暫くすると圭君は可愛い声をあげ、私の中へ精液を放出。

 

優君は後ろからがいいと、私を四つん這いにしてバックで入れて激しく突いてくる。

 

私は乱れていた。もう何も考えられずただ乱れていた。

 

その状態で中出しされて、その後は5回くらいしたと思います。

 

その次の日…優君、圭君とさよならをして、実家に帰宅。

 

あの時の事は本当に凄いことしてたんだなぁと思います。

 

 

今でも大きくなった2人とは時々会っています。

 

私は21歳で3歳年上の男性と結婚しました。

 

後から聞いたのですが、優君、圭君も私と本気で結婚したいと思っていたそうです。

 

勿論、あの日々の事は3人の秘密です。

 

旦那にもね…(^^;

 

終わり。