包茎手術して一発目のセックスは身近な母親と【近親相姦体験談】

43歳、今は専業主婦してます。

 

主人46歳会社員

 

17歳、高校2年の1人息子

 

3人家族です。

 

息子は、主人とはあまり会話も無く生活してました

 

私とは、気楽に何でも話してくれて、可愛い子です。

 

中学時代からそれなりに遊んでたみたいで、3人付き合ってた子も知っています。

 

エッチも済んでるみたい
7月の初めに彼女と別れたと、夏休みまでに彼女出来ないかなと言ってましたが、そんなに簡単に出来る訳も無く、バイトするからと夏休みはアルバイトばかりしてました。

 

アルバイトで稼いだお金の使い道に驚きました。

 

先週の土曜日の出来事です。

 

主人は仕事で、私と息子の2人でした。

 

息子、名前はりょうと言います。

 

10時過ぎに起き出して、お風呂に入ると、リビングでテレビを見ていたら、息子が出て来ました。

 

息子は全裸のまま、向かって来て、今まで全裸を私に見せた事無いのに…

 

小さい時は有りますよ

 

息子の身体を見て、ある所に目が向いてしまいました。

 

オチンチンにです、

 

目の前に来るまで見続けてしまいました。

 

歩いていると、ダラリと下がったオチンチンが左右に揺れて、亀頭が露出して大きいんです。

 

私は、包茎だと主人から聞いていたのに…

 

どうしようと「パンツくらい履きなさいよ」と言うと

 

「お母さん、どうかな俺のチンチン、女から見てどう思うかな」

 

私は唖然としてると

 

「何、黙っちゃて、どうしたの」

 

「どうしたのと言われても何て言えばいいのよ、お母さんだって女だよ、恥ずかしいでしょ」

 

「息子のチンチン見たってどうって事ないだろ、バイト代つぎ込んだのに」

 

「つぎ込んだって、何」

 

「どうしてもイヤだったんだよ、包茎が、手術しちゃた」

 

「なんで、いつの間に手術なんてしたのよ」

 

「1ヶ月前だよ、昨日からセックス解禁なんだよ、する相手いないけどね」

 

「何言ってるのよ、だからか、お母さんビックリしちゃた」

 

「だから、どう思う」

 

「判ったわよ、お母さんとしてじゃなく、1人の女性から見ての感想よ、スゴい立派なオチンチンに見えるわよ、こんなに大きかったんだ、りょうのオチンチンお母さん驚いちゃたわよ」

 

「やっぱり大きく見えるよね、先生がどうせなら長径手術にしたらと、進めてくれて、サービスに亀頭に注射して大きくしてくれたんだよ」

 

「痛く無かったの、大丈夫、何か異状ないの」

 

「全然、痛くなかった、でも先の刺激が強くて、今まで被ってたから、でも直ぐに馴れて来るから大丈夫って先生が言ってた」

 

「どこ切ったの、傷跡無いの」

 

息子が切った場所を説明してくれて、前より3センチくらい長くなってると、勃起したらどれ位の大きさになるのか見たくなってきちゃて、

 

「りょう、どんな感じか触ってもイイかな」

 

「いいよ、いいよ、いくらでも触って」

 

私は、オチンチンの先に触れました。

 

柔らかい、握ると直ぐに硬くなって来るのが判りました。

 

「大丈夫、感じちゃたの、硬くなって来たよ」

 

「大丈夫じゃないよ、それ以上触られたら、我慢出来ないかも」

 

「我慢出来ないって」

 

「出ちゃうかも、溜まってるし」

 

「それなら、お母さん出してあげようか」

 

「本当に、してくれるなら喜んで、お願いします」

 

「判ったわよ、お母さんが気持ち良くしてあげる」

 

私がオチンチンを扱くと、あっという間に、勃起して大きい、主人より遥かに大きくて、カリが大きいんです。

 

先から、汁が出て来て、舐めてしまいました。

 

「うっ、お母さん気持ちイイよ」

 

私は口にカリを頬張ってしまいました。

 

そのまま、フェラを…

 

大きさが良く判りました。

 

すると、「お母さん、出ちゃう、出ちゃうよ」

 

そのまま、口を動かすとカリが膨れて、温かい精液が大量に出て来ました。

 

オチンチンの大きさに加えて、精液の量が多くて口から溢れそうになり、口元を押さえながら、オチンチンを抜きました。

 

口の中一杯に息子の精液が、口を押さえながら、ゴクリと飲み込みました。

 

「お母さん、飲んじゃたの初めてだよ、飲んでくれた人、出すと吐き出しちゃうだよ、前の彼女」

 

「やっぱり童貞じゃ無いんだ、一杯出たね、美味しかったわよ」

 

「お母さん、僕も気持ち良かった、ありがとう」

 

「もういいの、どうする、お母さんは大丈夫よ」

 

「どうするって、まだしてくれるの」

 

「良いわよ、りょうが良ければ、ここに射れても」

 

私は股間を指差しました

 

「ここって、オマンコに射れてもイイの」

 

「良いわよ、と言うよりお母さんが射れてみたいの、お父さんには内緒よ」

 

「射れたい、射れたくって堪らなかったんだよ」

 

「このまま、射れちゃう、お母さんは大丈夫よ、もう一杯濡れてるから」

 

「ううん、射れたいけど、それより、お母さんのオマンコ見たい、舐めたいよ」

 

「エッ、舐めてくれるの、嬉しいけど、ガッカリしないでよ、使い込んでるから若い子のとは違うわよ」

 

「そんな事ないから、早く見せてよ」

 

「判ったわよ、どうする、オッパイは」

 

「もちろん、オッパイもだよ」

 

「恥ずかしいな、りょうに見せるのは」

 

私は服を脱いで全裸になりました。

 

「お母さん、イイよ、イイ身体してるよ」

 

私に抱き付いて、押し倒しました。

 

胸を揉まれて、乳首に吸い付いて来て、私も久し振りで、感じちゃて、

 

「りょう、上手ね、気持ちいいわ、もっと揉んで」

 

手はオチンチンを握っていました。

 

私の喘ぎ声が高くなってくると、両足を左右に拡げられて

 

「本当だ、お母さんのオマンコエロイよ、こんなに黒ずんで、テカテカ光ってるよ」

 

りょうは顔を埋めて、舐め始めてくれて、

 

「あ〜ん、イイ、気持ちいいわ、もっと、もっと」

 

舐められながら、指が入って来て、私も逝きそうで、

 

「お願い、ちょうだい、りょうのオチンチン、早く射れて」

 

「良いの、着けなくて、出しちゃうかもよ、中に」

 

「大丈夫よ、好きなだけ出しても、心配しないの、射れて、お願い」

 

「うん、わかった」

 

オチンチンの先が当たるのが判ります。

 

ゆっくりと、挿入してきて、大きさなんて関係無いと思っていたのに、主人のより、入ってるのが良く判ります。

 

奥まで届いて、感じ方が違って気持ちいいんです。

 

「イイワ、気持ちイイ、もっと突いて、一杯突いて」

 

「お母さんのオマンコ気持ちいいよ、絞まる、絞まるよ」

 

一生懸命に腰を振ってくれてるのが、良く判ります。逝きそう、久し振りに逝きそうで

 

「りょう、逝っちゃう、逝っちゃう、逝っちゃうわ」

 

逝くと同時に中に出された事も判りました。

 

「お母さん、出しちゃたよ、大丈夫なんだよね」

 

「大丈夫よ、それよりお母さんのが感じちゃたわ、気持ち良いわよ、りょうのオチンチン、ありがとうね、スッキリした」

 

「うん、気持ち良かった、締まり良いんだね」

 

「ありがとう、お母さんも嬉しいわ、いいのよ、好きなだけ使って、お母さんで良ければ」

 

「本当に、休憩したら、もう一回したいな」

 

「良いわよ、一回でも、何回でも」

 

私もこの日は、身体が壊れるんじゃないかと思うくらい、しちゃいました。

 

主人の関係で、それ以来してませんが、次の日曜日は主人が出掛けるので、息子と約束してます。

 

楽しみで、考えると濡れて来てしまいます。

 

彼女が出来たら、かまって貰えないかもと心配しています。。