美人の妹には抱きついて、子どもを孕ませたい【エッチ体験談】

時俺は中3で、1歳下の妹がいた。

 

部活が終わり家に帰ると、居間で寝ている妹を発見。

 

疲れていたのか、妹は制服を着たまま、仰向けで足を開いたまま。パンツがモロに見えていた。

 

俺はそれを見た途端、勃起した。

 

だがイキなり妹に襲いかかるのはマズいと思い、時間を掛けて楽しむことにした。

 

俺は妹の靴下を剥ぎ取り、足の匂いを嗅いだ。

 

少しツンとしたが甘酸っぱくいい匂いだった。
俺はたまらず、妹の足にしゃぶりついた。

 

5分くらい舐めた後、チンポを太ももにこすりつけた。

 

すると妹が目を覚ました。

 

妹は俺のチンポを見ると自分の部屋に走って行った。

 

俺は慌てて妹の後を追った。

 

部屋に入るなり、「お兄ちゃん、チンチンだして何してたの?」と言われた。

 

俺は我慢できず、チンポをシゴきながら妹に近づいた。

 

妹は逃げる用に部屋の片隅に行った。

 

俺は妹の顔の前でチンポをシゴいて見せた。

 

最初は驚いていたが段々とチンポを見る目が輝いていた。

 

そして妹は顔を赤くしながら「お兄ちゃんのチンポ舐めたい」と言ってきた。

 

俺はシゴくのを止め、妹は両手でチンポを握った。

 

妹は「お兄ちゃんのチンポ大きい、口に入るかなぁ?」と甘い声をだした。

 

自慢ではないが俺は中3ですでに、AV男優並みのチンポを持っていた。

 

妹は一生懸命、チンポをくわえた。

 

上目で涙目になりながらチンポを舐める姿にさらに勃起し、俺はとうとう射精した。

 

妹の口からチンポを出すと、溢れんばかりに大量のザーメンが出ていた。
妹は俺の目を見ながら一気に飲んだ。

 

俺は驚いたが妹は笑みを浮かべ、「お兄ちゃんのザーメンちょっとニガいけどオイシい」と言ってくれた。

 

それから毎日、家でも学校でも外出先でも、フェラしてくれるようになった。